武学とは「帝王学としての技術と概念」

武学とは、2,500年前には既に成立していた、皇帝や軍師などの国の最高統率者に極秘に伝えられ、進化発展してきた「帝王学としての概念と技術」のことです。

中国、春秋時代の武将・軍事思想家である、孫武(孫子)によってまとめられました。

孫武をウィキペディアで調べると、「戦わずして勝つという戦略思想家」と出てきます。

ですが本来は「自他不敗」

つまり、「自分も負けず、相手も負けさせない」という考え方です。


武学は「従わない者は殺す」が出発点

世は戦国時代。どうしたら国が勝てるか、どうしたら人を従わせることが出来るか・・・

最初は「従わない者は殺す」というところからスタートしました。

敵がどのような武器を使い、何人で来るか分からない状況でも戦えるように、自分の感覚を鋭くさせること

相手の状況・たくらみの情報を集めて、戦い方を決めることなど

究極の勝つ方法を突き詰めていったのですが、

行き着いたのは、相手と戦い殺すのではなく、相手と仲良くなり人を活かす方法が良いということでした。

仲良くなり、人を活かすためには

「徳を体得する」ことを目指す必要があることがわかりました。


「徳」は体得できる

武学の目的は「徳の体得」

と書いていますが、「徳」とは何でしょうか?

「徳」の話しをしようとすると、「何かとんでもない大きな・深い、自分には至らないレベルのもの」といった感覚になる方が多いと感じます。

「徳」の文字からその意味を確認してみましょう。

徳の文字

つくりは、心が素直でまっすぐな様で、原字である「悳」を形成。

「彳」(ぎょうにんべん)をつけて、「まっすぐな心で行動するの意」を表わしたものです。

ここまで書いてきましたが、「徳」を定義すると、次のとおりです。

「私は一体何者なのだろうか?」
「なぜ私は存在し、何に貢献しようとしているのだろうか?」
「私はどこへ行こうとしているのだろうか?」
「相手を理解しようとし、相手の存在を観る」

これらが、孫子の兵法での

「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」

に繋がっていくのです。

(1)自分自身で自らの行動を選択することによって、主体的な生き方をする
(2)宇宙の法則に従って生きる

上記が「徳」であると、私達は定義しています。

抽象的、先天的だと思われてきた「徳」は体得することができます。

そうすれば、どんな悩みも、どんな問題も、自分自身で解決できるようになり、深く学べば学ぶほど、人間関係や、自身を取り巻く環境、ひいては、社会全体にも大きな影響を与えることができるようになるのです。


武学は心・意・体の3要素のバランスが大事

武学には3つの要素があります。

3つの要素とは 心・意・体 です。

心・意・体のバランス

一般的に言われる、「心・技・体」と意味はほぼ同じ、と思っていただいて大丈夫です。

心:「医術」=心身健康の維持向上:自分自身のコントロール
意(技):「兵術」=戦略(いかに戦わないか?):集団のコントロール
体:「体術」=戦術(具体的な戦闘のための術):相手のコントロール

となります。
「コントロール」という言葉を使っていますが、「一体化」の方がより近い言葉になります。

なぜバランスが必要なのか?ですが、

「徳なき心」は「ただの延命」であり、生きているだけの状態。
「徳なき意」は「殺戮」。
「徳なき体」は「暴力」。

どのように持ちえた力を使うのか?が最も大切なことになります。

人生の質とは、自分に投げかける質問の質である

根の如く枝葉が育つ

根の如く枝葉が育つ

木はその根を大地にしっかりと根ざし、根を大きく拡げることで揺るがなくなります。
枝葉ばかりを大きくし、根を拡げることを怠ってしまうと、少しの風雨で木自体が倒れてしまいます。

この「根」の部分が「理念」「志」であり、「幹」が目標、枝葉が「行動計画」となります。
理念・志のしっかりとした土台を築き、その理念・志を目標化(見える化)し、行動を続けていくことで、果実である「成果」を手にすることができるようになります。

「なぜそれをするのか?」

いわゆる「Why?」の部分が最も大切であり、この「なぜ?」を忘れてしまうと「手段の目的化」が起こり、これを「砂上の楼閣」とも言います。

「人間学が本学、時務学は末学」

まずは「己を知る」ことが重要です。

あなたはどうなりたいのですか?
どんなことに喜びを感じますか?
今していること(仕事・趣味など)は、何のためにしているのですか?

人生の質とは、自分に投げかける質問の質である

こうした質問が「己を知る」ことに繋がっていきます。


武学の学びは、戦いを略するための知識と実践

『武学』の『武』と『学』には、それぞれ意味があります。

『武』

は、「2つの矛を止める」という意味があります。

お互いが争わないようにする、ということであり、

「戦略」(戦いを略す)

という意味です。

「戦略のための学び」となりますが、では今度は「学び」とは何でしょうか?

「学び」(学問)には、4種類あります。

活学:知識を得て、実践する学び
実学:知識はないが、実践する学び
死学:知識はあるが、実践のない学び
虚学:知識も実践もない学び

このうちの「活学」が「武学での学び」になります。

「からだ」は「身体」と表記します。

身は意識、体は物質的な形、のことを指します。

「心身一如」という言葉がある通り、
肉体と精神は一体のもので、分けることができず、両面であるということです。
つまり、心を変えることにより体が変わり、体を変えることで心が変わる、ということになります。

知識は「身」
実践は「体」

「身体」のバランスは、知識と実践の両面によって初めて成り立つ、ということです。

まとめると、武学とは、

「戦略のための活学(知識を得て、実践する学び)」

です。

「戦略のための活学(知識を得て、実践する学び)」を体系立てて、バランスよく体得していくことが目的です。

「武学オンライン講座」のご案内


誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる
「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから